葉酸を積極的に摂取することで、子どもにダウン症が出てしまうリスクを減らす効果が期待できるという研究結果が出ています。このことは記事にもなっていて、日本や外国ではリスクを抑える良い方法として確立されつつあります。ます。最近では、食事の偏りによる栄養不足やストレスなどから、不足している人が多いです。
そもそも、ダウン症の原因のひとつとして、栄養不足が挙げられます。胎児は、成長していく過程で、細胞分裂を繰り返して大きくなっていきます。この時に、葉酸が不足していることによって、健康的な成長ができなくなってしまいます。そのため、お腹の中ではダウン症のような先天性異常が発生してしまうのです。葉酸は、タンパク質や赤血球の合成を助ける働きがあります。胎児が細胞分裂を繰り返す際に、必要な栄養素だと言うことができます。そのため、妊婦がお腹の中で赤ちゃんを育てている時に積極的に摂ることによって、赤ちゃんの正常な成長を促すことができるのです。先天性異常が起きるリスクも大幅に減らすことができると言えるでしょう。
この成分は食品から摂ろうとすると、なかなか難しいという現状があります。バナナなどに多く含まれていますが、やはりサプリメントで摂取する方が効率が良いです。薬局などへ行って、サプリメントを試してみると良いでしょう。現在、さまざまな製品が発売されているので、安全な妊娠と出産のためにも飲んでみると良いでしょう。